最近良く聞くもろみ酢ってなんだ?

もろみ酢の前に、もろみというのが何なのか分からない人もいるでしょう。
もろみとは、醤油や酒を作るときに出来る副産物です。
まず原料を醗酵させていくと、柔らかくドロドロしたような状態になります。
醤油の場合は、しょうゆの実として食べられることもあります。

 

 

もろみ酢は、泡盛を作る過程で出来るものですが、
もろみを泡盛を作る職人たちは食べていたそうです。
日本酒では、醗酵させる時に黄麹菌を使いますが、泡盛は黒麹菌を使っています。
この黒麹菌が醗酵する時に大量のクエン酸を作り出していきます。
これが雑菌を繁殖するのを抑えて泡盛が腐敗しにくくなるのです。

 

 

このもろみを強く押し当てながら搾って、
ろ過すると出来るのがもろみ酢になります。

 

もろみ酢と一般的な酢の違いは、
クエン酸の量が一般的な酢よりも相当多いことが特徴的です。
クエン酸は疲労を回復する効果などがあります。

 

 

さらに体内で合成できない必須アミノ酸を9種類を含めて、多くのアミノ酸を
摂ることが出来るのも特徴的です。

 

アミノ酸は、私達の身体にあるタンパク質の元になるものです。
種類によっていろいろな働きをしますので、アミノ酸もバランスよく取る必要が
あるのですが、もろみ酢には沢山のアミノ酸が含まれていますので健康にも良いものです。

 

沖縄では、泡盛を作る課程で出来る方法で作られるのが一般的ですが、
もろみ酢自体はもろみを作って酢にすれば良いので、いろいろな原材料から作ることも可能になります。

 

CMでよく見る琉球醪酢って?

琉球もろみ酢では、クエン酸の効果がかなり高いのですが、
他にもアミノ酸の補給も効果がかなり高いです。
普通の酢を摂取するよりも、75倍ものアミノ酸を含んでいます。

 

アミノ酸は、私達の身体にあるタンパク質を作る元になっていますので、
これがないとタンパク質を使って、肌や内臓、骨、血液など重要な部分が作れなくなります。
身体は常に作りかえられていますので、アミノ酸が不足してしまうと、
身体には悪い影響が出てきてしまいます。

 

アミノ酸は、必須アミノ酸と、そうでない物がありますが、
必須アミノ酸は人間の体内では作り出すことが出来ないので、
食事から必ず取ることが必要な成分です。
そうでないものは体内で作り出すことが出来ます。

 

 

アミノ酸には、コラーゲンを作り出すときにも使われますので、
みずみずしい肌を作り出すには、コラーゲン以外にもアミノ酸を取る必要があります。

 

またアミノ酸を取ると脂肪を燃焼すると言われていますが、
脂肪分解酵素であるりぱーぜを活性化させる効果があるためです。
摂取をして運動をすればダイエット効果も期待できます。

 

また疲労回復にも役に立ちますので寝る前に取ると回復が早くなったりします。
神経細胞を作るのにもアミノ酸は使われますので、
また記憶力や、集中力を高める効果も期待されます。

 

筋肉と作り出すの時のもアミノ酸が使われていますので、
運動をしながらアミノ酸を摂取すると筋力増強にもなります。
アミノ酸は様々なところに使われますので、摂取していくと良い成分です。