ワンウェイウォーターはRO水と天然水の両方を販売していて、選べる水が魅力的なウォーターサーバー会社です。

しかもウォーターサーバーはおしゃれでレンタル無料、配送料もなしとお得な面も多いのですが、ホームページでは目立たない解約についてと、おいしい水を飲むためのお手入れについて見ていきましょう。また、ワンウェイサーバーでお勧めの水についても見ていきます。

おすすめはプラスプレミアム

ワンウェイウォーターにはRO水と天然水がありますが、お勧めなのがRO水です。その理由が、

・業界の中でも安い

・水道水を利用していない

・RO水でもワンウェイ

です。

業界の中でも安い

プラスプレミアムの水の値段は12Lで1,250円です。この値段は業界最安値なんですが、それにプラスしてサーバー代と配送料が無料です。他社だとサーバーメンテナンス代やサーバー代などで水にプラスして料金がかかりますが、ワンウェイサーバーは水だけの値段だからお勧めなんです。

水道水をつかってない

他社だとRO水は水道水から作るのが一般的ですが、ワンウェイウォーターは京都か富士(宅配する地域によって異なる。産地は選べない)の水で作っています。富士も京都も天然水の産地としてメジャーなので価値がある水ですが、それをさらに極小フィルターに通した水なので、より安心できます。

ワンウェイ

一般的にRO水はボトルを回収しますが、ワンウェイウォーターはボトルの回収なしで使い捨てできます。回収日までボトルを取っておく必要がなく、空ボトル置き場を作る必要もえりません。

プラスプレミアムはワンウェイウォーターの中でも一番人気です。安いから人気というだけでなく、水とボトルもプラスプレミアムも人気を支えています。

解約について

ワンウェイウォーターを解約するためには、フリーダイヤルに電話するか連絡フォームから解約を伝えます。解約したい事を伝えたらサーバーを引き渡して解約完了です。

ただし、解約する時は解約金が発生する場合があります。解約金はサーバーにより異なります。

〈らくらくsmart〉

2年以内の解約で9,000円かかる

〈お掃除ロボット付きAcro〉

2年以内の解約で1万4,000円が発生

〈スタイリッシュサーバー(卓上型)〉

1年以内の解約で5,000円

ワンウェイウォーターの解約金は、特に高くもなく安くもなくです。ウォーターサーバー業界の解約金の相場ぐらいと言えます。また、2年経てば解約金はかからないので、2年以上使えばタダで解約できてかなりお得です。よっぽどの理由がなければ、2年は使えるはずなので解約金制度があっても怯える必要はないでしょう。

お手入れ

ワンウェイウォーターはメンテナンスが必要ないので、メンテナンス代がかかりません。他社だとサーバーメンテナンス代として1回5,000円がかかったり、毎月の料金で引き落とされたりしますが、ワンウェイウォーターはそういった料金が一切なしです。その代わり、お手入れが必要になります。

らくらくsmart

1.電源プラグを抜く、水で濡らしたフキンかアルコールを浸したフキンを用意

2.サーバー本体を拭く

3.蛇口を拭く、綿棒で細かい部分まできれいにする

4.水受けポケットを取り外し、洗剤で洗う

5.サーバー背面の埃を掃除機で取る、水で濡らしたフキンで拭く

6.ボトルバスケットを拭く

7.差し込み棒フキンを除菌シートなどで拭き取る

以上がらくらくsmartのお手入れ方法です。蛇口と水受け皿、本体の拭き掃除は週に1回、バスケットや差し込み棒はボトルを交換する時についでにやれば良しです。埃はそんなに溜まるものではないので、背面は月に1回ほど掃除すれば十分です。

お掃除ロボット付きAcro

1.電源プラグを抜く、水で濡らしたフキンやアルコールを染み込ませたフキンを用意

2.サーバー本体を拭く

3.蛇口を捻って外し、蛇口とその周辺を拭き掃除する

4.背面の埃を掃除機で吸い取る、水で濡らしたフキンで拭く

5.ボトル差し込み口を拭く

以上です。ボトル差し込み口はボトルの交換時に、その他は一週間に1度のお手入れでオッケーです。ただ、背面は月に1回の掃除で十分です。

お手入れといっても簡単な掃除で、毎回する訳ではないのでそんなに負担になりません。家の掃除のついでに、ボトル交換のついでにやってしまいましょう。

お手入れを怠ると、埃などの付着から不衛生な水を飲んでしまう可能性があります。メンテナンスがない分、お手入れはしましょうね。

まとめ

・プラスプレミアムは本当に安い、水が良い

・解約金は相場

・お手入れはたまにやれば良し

ワンウェイウォーターはお得なサーバー会社です。メンテナンスがないのでお手入れは必要ですが、ちょっとしたお手入れなので手間になりません。掃除のついでにやるぐらいの気持ちで良いでしょう。

2年は使うと決めていれば、特にお金で注意する事もなしです。

おすすめの記事